1970年前後から韓国•朝鮮と関わってきた、そんな自負心がどこかにある。たとえ、それが限られた分野のごく一部の期間に過ぎなかったとしても、僕なりのやり方で韓国•朝鮮と関わってきたという自尊の気持ちを持っている。

韓国•朝鮮に惹かれるようになったのは一浪して大学に入った69年ごろだったろう。70年の一時期普通語を少し嚙ってやめた。73-77年、韓国の航空会社に勤めながら韓国語を学んだことが、その後の僕の進路を決定づけたと思う。

とはいえ、継続して韓国•朝鮮に関わって来たわけではない。77年後半から97年までの約20年のあいだ、85年秋と86年に韓国を訪れただけだったと思う。前者は新婚旅行で、後者は 민갑완 “백년한” の資料を入手するためだった。

この20年のあいだも韓国•朝鮮の方を向いていたと思う。81年の歴史教科書問題のときは、韓国の歴史教科書を1年余りかけてグループで翻訳した。ワープロもPCも普及していない時代、資料を集め筆記して手書きで翻訳するのはたいへんだった。月1回の会場確保も煩わしかった。そんな時代があった。

翻訳原稿はいまも大事に保存しているが、日の目を見なかった。グループの発起人として申しわけなく思う。カブァン自伝の日本語翻訳にそのようなことがあってはならない。電子書籍であれ印刷書籍であれ出版しなければならない。没後50年までに出版しなければならない。

[韓国併合の翌年に大阪で制作された地図]
korea-map1911