1950年生まれの僕は、定年による退職を二度経験している。60歳のときと65歳のときだが、この5歳の違いは想像以上に大きいかもしれない。

二度目はもう後がない、もう仕事しなくてもいいだろう、という感官が支配的だ。自分だけではない、周囲の人たちもそう考えるようなのだ。一般的にはだが。

仕事がないことに対する免疫が僕にはまだない。一方で、そろそろ引退する時期だろうという声が僕のなかにもある。葛藤とまではいかないが、悩ましい。