コンビニ国の主要な公共交通機関はトレインである。トレイン網は都心部を中心に全国津々浦々に及んでいる。そのサービスは国籍を保有した者だけでなく、外国からの訪問客にも提供されている。

トレインという交通手段のほかに、一定以上の税金を納めた者と官吏たちはオートカー(自動車)を持つことができる。二つの交通手段の違いは公的と私的の違いだ。なお、その所有者は保管する場所を持たなければならない。

国王とその一族だけが利用できる専用のトレインがある。それ専用の駅まで用意されている。ただし、ふだんは使われないため、駅構内には雑草が生えていることがある。専用トレインも公共用と同じレールを使うので、ふつうの人びとを乗せたトレインも王族用の駅の横を通過する。