image機会均等、競合、公平、予算削減などで正当化されるかに見える入札制度が、知識サービスの質を根本的に落としめている。