Brompton専用のスーツケースならぬバイクケースを購入した。友人のためとはいえ、己もよくやるなあ、とつくづく思う。

2001年ごろ、日本の大学等における韓国語教育の調査を実施しようとした。インターネットを使って調査したかったが、予算が約百万円不足した。諦めきれず、2ヵ月余りかけ、Excel vba を使って調査フォーム(複数ページ)をつくった。

Excel vba の知識などまったくない僕が、専門書を参照しながら、試行錯誤を重ねてつくった。毎晩、何ものかにとり憑かれたごとく、夜中の2時3時まで孤独な作業を続けた。

そんなとき、まるで当然のことのように、無償の支援をさしのべた人こそ、僕がいま届けようとしているBromptonの持ち主だ。そんな彼の望みがあれば、できる限りのことをするのは当然ではないか。