来歴

来歴という言葉にはじめて接したのは、萩原朔太郎の文章だったと思う。僕の記憶ほど当てにならないものはないが。

背表紙が革製の全5巻の全集を持って、ひと夏、岡山県の山間部にこもったことがある。浪人した年の夏か、高三の夏休みだったと記憶している。

2013july

何年も行っていない山に行く。

いや待てよ、3年前の夏、韓国人の友人と二人で行っているではないか。そう言われればそうだが、あのときは初めから登山するつもりではなかった。

車で塩山まで行き、西沢渓谷の入口近くの宿に泊まって、渓谷沿いにハイキングするつもりだった。夜遅くまで酒を呑み、朝もゆっくり風呂に入ってから出かけた。

なのに少し登り始めたら、二人ともどんどん登りたくなった。途中から雨が降りだし、体中ずぶ濡れになったが、止まらなかった。甲武信岳をめざしたが、木賊山の頂上で引き返した。頂上で呑んだマッコリのうまかったこと。

今回の山行は娘の誘いだった。体力的な自信はないが、本格的な登山は初めてという彼女となら大丈夫だろうと考えたのだ。

2013may

2013/05/01
あさ、最寄り駅の改札を通過できなかった。きのう定期券の期限が切れていたのだ。何年も前に一度こんなことがあったような気がする。老いと結びつけるなかれ

とはいうものの、最近は自分でも驚くようなミスが少なくない。いくら考えても絶対ありえないと思われることを見せつけられることがある。これをどう捉えるべきか。

2013/05/07
4日間の連休でようやく休暇らしい休暇を取れたが、半分以上は노무현の自伝第1章の翻訳に費やした(文字数18,000)。内容は実に興味深いが、出版の日程を考えると、僕にはできそうにない。

ささやかな達成感を得て、少し気分が高揚したように感じる。所属団体のHP改訂作業をしているが、ようやく指定ロゴを使ってトップページのデザインを変更することができたのだ。

2013/05/08
朝の定例会でHP改訂案を見せたが、ボスにあっさり否定されてしまった。一つ前の段階で確認を取ったはずだが、お山の大将にはかなわない。こんなことで一喜一憂していても仕方ないな。

2013/05/10
ノムヒョンの自伝を翻訳する仕事を投げやるべきではない。第1章の翻訳稿を出版社に送ったあと、そう考えるようになった。ストレスを抑えながら雑務に追われているだけでは、あまりにも自分がかわいそうではないか。

周囲の人びとに自分の虚像を見せることで、どうにか自分を保っている。

2013apr

2013/04/25
社会的なデジタル化の流れから10年ほど取り残された組織との仕事、大いにやりがいがある。少々疲れぎみだ。

PCを使っているのにアナログ式という矛盾。僕も半デジタル(=半アナログ)を自認しているが、ほぼアナログと半アナログの溝は小さくないと思う。

2013/04/29
日韓、日米、日中の文化比較って何なのだろう。それは、自分が背負っている文化と呼ばれるものを理解するのにどこまで有効なのだろう。

主権回復61周年を祝賀し「戦後レジームからの脱却」を掲げて憲法改定へとひた走る自民党政権と、それに真っ向から反対する沖縄県民と支持者たち。同じところに旧朝鮮や旧台湾の人びとが立っている。

2013/04/30
昼前からのぼせたような感じが続いている。耳鳴りもやまない。どこか悪いのかもしれない。いや間違いないだろう。周囲の人にどこまで話すべきだろうか。

history

20130310-144218.jpg

東京の池上本門寺にある岡本柳之介の墓

 

恥ずべきことに、長い間、三浦梧楼と岡本柳之介を重ねて見ていた。両者とも暗殺現場にいたし、関与したことは間違いない。三浦は1895年当時、在ソウル日本公使館の公使であり、岡本は宮内府兼軍部顧問だった。非道極まりない。

20130501-081343.jpg

朝鮮戦争初期と推定される北朝鮮の侵攻を受けた直後のソウル京福宮付近の光景。朝鮮総督府の建造物がCGかと思われるほど、いかにも周囲から浮いて見える。光化門が見えない。

日本国籍、日本人

2013/04/23
80年代後半の数年間、同じ職場で過ごしたことがある同い年のアメリカ人男性が日本に帰化した。その理由を尋ねたら「郷に入っては郷に従う」と言われた。そうだろうか。

日本で生まれたという、それだけの理由で日本国籍を取得した者と自分の考えと意思にもとづいて同じ国籍を取得した者の違い。

2013/04/28
僕は日本国籍を所有している。取得したものではない。先天的に日本人であるわけではないが、自分を日本人として認識している。そして日本国籍を所有している。

2012/05/08
A Japanese Korean or a Korean Japanese, whichever

2014/06/11
「台湾アイデンティティ」という映画のDVDを購入した。台湾生まれの日本人に薦められて見ることになった。

since 2012