一年前にこのブログに「70歳にして処女作」という投稿をしました。ある文学誌の新人賞に応募したのですが、予選すら通過しませんでした。このまま作品を葬りがたく、次の三短編に分けて公開することにします。冒頭部分と主人公は共通しますが、それぞれ独立した作品になっています。こういうのを老醜(ろうしゅう)をさらすというのでしょう。

  1. ゴー()沿いの風景: 列車の車窓から見える風景と心象風景が交錯し、主人公は車内で偶然同席した老人と女性に引かれていきます。
  2. ンヴィーニたち: 「ンヴィニ教」(コンヴィニエンス[便宜・利便]に由来)の信奉者・フォロアという意味です。現代人の信仰世界を描いています。
  3. いつか名もないうをになる: 抽象的で読みにくいかもしれません。うをになった主人公を想定し、老人と死について考えようとしました。

どれもわかりにくそうな内容でごめんなさい。