「文字を追いながら、あるいは文字を(つむ)ぎながらでないと、思考が論理性を持っていかない…日本語は(たて)の流れのなかで思考する言語なので縦書きを手放すわけにはいかない」という意見があります。とてもおもしろいと思ったので引用させてもらいました。

いろいろ検索していたら、縦書き文庫という簡単に電子書籍を作れるサイトがあり、縦書き作品を普及させるべく無料で運営されています。試しに老書生の処女作をアップしてみたら、ヨコ書きで読んでいたのとは違った感覚がある。タテ書きで育った世代だからでしょうか、すーっと頭に入ってくるような気がします。

ただ、スマホやPCの普及によって、すべてがヨコ書きになり、「日本語はタテの流れのなかで思考する言語」などという意見は片隅に追いやられてしまう昨今です。だから、あえて「タテの思考」について考えてみたい、と思うのですが…